合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

COMPAQ PC CQ1140jp (APU AMD E-450)オーバークロック




掲載日: / 更新日:
COMPAQ PC CQ1140jp (APU AMD E-450)オーバークロック

COMPAQ PC CQ1140jp (QF212AA-AAAD)にXubuntuをインストールしてみた

暫く放置状態だったこのAMD Fusion APU E-450デュアルコア・プロセッサー 搭載のデスクトップパソコンを立ち上げてみました。

相当前にWindows10なら、どのくらい動くか確認で入れただけなので未認証。とりあえずはWindows Updateも勝手にして動いているようですが、未認証は未認証、以前にUbuntuで使用した時より随分動画再生が軽くスムーズ(綺麗)なのをざっくり確認後、いくつかの派生UbuntuのLiveDVDで動作確認した後、一番良い印象だったXubuntuをインストールしました。

Windows10で実用的な動画性能だったので、ハード的には動画再生能力に問題はないようですが、やっぱり比較的軽量なXubuntuでもギリギリで再生している感じで余裕がありません。

動画の再生は、Amazonプライム動画をFirefoxで再生して確認しています。

AMD Fusion APU E-450をオーバークロックする

Windows10がノーマル状態で余裕をもって動画再生できているわけだから、もっとまとうな手段で対策もできそうなものですが、すでにHWアクセラレータも使っているはずの状態なので、E-450をオーバークロックしてしまいました。

『AmdMsrTweaker』をインストールします。

johkra/amdmsrtweaker-lnxにある64 bit executableを取ってきて、展開します。

展開したファイルを、パスの通ったフォルダに「amdmsrt」にリネームして移します。

当然、実行属性を付けます。

# sudo chmod +x amdmsrt

cpuidをインストールします。

# sudo apt update

# sudo apt install cpuid

これで準備は整いました。

実行してみましょう。

# sudo modprobe msr
# sudo modprobe cpuid
# sudo amdmsr

これで、現在のAPUの設定と設定可能な範囲が表示されます。

どうやら、機能としては3.3GHzまでオーバークロックできるようです。

実際にオーバークロックしてみます。core電圧も設定できますが、既に設定できる最大値ですので、電圧指定の「@1.35」は省略可能です。

# sudo amdmsrt P0=26.4@1.35

「26.4」は「27」でも設定できる値に丸められるのでざっくりで指定できます。max「33」

Windows10で動作させた時ほどの余裕はありませんが、少し安心して動画再生できる感じになりました。

ログイン時に自動的にオーバークロックさせる

ログインのたびに、コマンドをたたくのも面倒ですので、ログイン時に自動的にオーバークロックするようにしました。

適当な名前(ここでは、amd_overclock.shとします)で、オーバークロック シェルスクリプトを作成します。

#! /bin/sh
# modprobe msr
# modprobe cpuid
# amdmsr P0=26.4

管理者権限で実行しないといけませんので、

「セッションと起動」で、「自動開始アプリケーション」に登録する際に

sudo /usr/local/bin/smd_overclock.sh

と登録しますが、このままでは、パスワード入力が発生して都合が良くありません。

そこで、「smd_overclock.sh」の時だけ、sudoをノーパスワードに設定します。

# sudo visudo

以下を追記します。<username>は自分のuser名

<username> ALL=(ALL) NOPASSWD: /usr/local/bin/smd_overclock.sh

これで、再起動しても初めからオーバークロック状態で起動します。

再起動後、コンソールターミナルで、

# sudo amdmsr

これで現状の設定が表示されれば、成功です。

 

 

 

終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA