合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

月別: 2019年2月

Windows7から乗り換えLinuxの検討

Windows7/Vistaに代わるLinux

Windows7を意識したLinuxを検討

Windows7/Windows Windows7を使用してきたユーザーが、Linuxの乗り換えるのに必要な条件とは?

Microsoft Windowsで使用して使い慣れたアプリケーションがそのまま使用できるのが理想ですが、現実的には難しく、これはWindows10に移行した場合でも一部のソフトウェアでは発生する問題で、見栄え&操作は変わることは多々発生しますので、

  1. Windows7/Windows Vista環境で使用していたデータファイルを取り扱えること
  2. Windows7/Windows Vistaから違和感の少ない見た目と操作性があること
  3. 極力GUIでユーザーフレンドリーであること
  4. 長期間安定した運用が期待できること
  5. Windows7/Windows Vista世代のPCで実用性のある性能が期待できること
  6. 低コストであること

1.に関しては、マイナーなアプリ専用フォーマット以外の標準的なデータ形式にはLinuxで対応可能なので、概ねどのLinuxディストリビュートでも問題ないと思われます。

2.に関しては、従来はWindows7と酷似のUIもありましたが、最近では、感覚的に類似の見た目と操作性を提供して、なお且つ動作が軽いXfceを採用したLinuxを選択するのが良いかと思います。(Xfce以外にも類似のものはありますが、現時点ではメジャーで標準設定での類似性と軽量である点からXfce)

3.に関しては、Xfce+各種サポートツールがGUI化されていて、初期セットアップ時を除きCUIの使用が不要なものとなると思います。

4.に関しては、シェアーや積極的な活動をみるにUbuntu系を選択することになろうかと思います。

5.に関しては、Xfce採用のLinuxであれば、ほぼ問題ないと思われます。

6.に関しては、有料のLinuxももちろんありますが、基本的にはLinuxであれば無償で使用できます。

以上から…….

 

Ubuntu系の

Xubuntu

Ubuntuの公式派生ディストリビュートなので、長期運用の安心感があります。

また、参考とできる情報も多く、Ubuntuの中では軽快な部類となります。

Zorin OS

以前からWindowsを意識したGUI(現在ではXfce)を提供しており、わかりやすい優しい見た目がでWindowsユーザーにはとつきやすいと思います。

GUIのみで操作可能で、日本語化もGUIで可能です。

デフォルトでWineがインストールされていますが、使用したいと思うようなWindowsアプリが使用できる可能性は残念ながら低いように思います。

Ubuntu系ではなく、ArchLinux系となりますが、より多く、より新しいアプリを使いたい方は、ArchLinuxに初期設定からGUI化した

Manjaro Linux という選択もありかと思います。(VirtualVoxでの確認結果が良好でしたので、私のセカンダリーPCのOSとして評価継続中)

ArchLinuxは、一般にはかなりハードルが高いですが、 Manjaro Linux XFCE Edition だと軽量なうえGUI化されており、セットアップ時の日本語化で少しCUIを使用するだけで、運用自体はGUIで可能となります。標準設定ではArch User Repositories(AUR)の安定版を更に確認後提供しているので、新しいアプリをより安心して使用できます。また、多少の設定変更でAURも利用可能となりますので、Linuxで無償で提供されているアプリの多くを動作させることができます。(ライブラリのリビジョンの違いとかでコンパイルに失敗してセットアップできないこともあるようです。)

ガンガン自分用にカスタマイズしたい方は、KDE Plasmaデスクトップなので多少マシンパワーが必要(Core2、2GBなら十分実用的)になりますが、Manjaro Linux KDE Edition も良いかもしれません。デフォルトのパッケージマネージャがOctopiなので詳しい方でないと扱いにくいのでpamacをインストールしてこちらをパッケージマネージャに使用するとカテゴリ別表示ができて、随分とユーザーフレンドリーになり、比較的簡単に目的のアプリケーションを見つけてインストール/アンインストールできます。

その他、Ubuntu系でKDEのデモとして提供されている「 KDE neon 」も評判がよくUbuntu本家についで使用されているようですが、残念ながら私のテスト環境では、Live CDは起動するもののインストール後起動せずで、評価できていません。KDE Plasmaデスクトップなので、軽量ではないはずですが、以外に軽快に動作するらしいです。

 

LinuxマシンにWindows10 64bitsをインストールする。

LinuxホストVirtualBoxにWindows10(x64)をインストール

LinuxホストVirtualBoxにWindows10(x64)をインストール

UbuntuのソフトウェアからインストールできるVirtualBoxは5.xでx86しかサポートしていないので、6.0をダウンロードしてインストールします。

Download VirtualBox for Linux Hosts

から、使用しているLinuxにあったものをダウンロード、インストールします。

インストールしたあと、Kernelの再構成が必要です。

sudo /sbin/vboxconfig

これを行っていないと仮想環境が起動できない場合があります。

あと、システムBIOSでVT-x(Intel CPU)/AMD-V(AMD CPU)を有効にしておきましょう。メーカ製PCの場合、有効になってない場合が多いかと思います。

Windows10インストール環境作成

システム メインメモリ:2GB(ホストのシステムメモリより小さい値にします。)

システム プロセッサー:ホストが4コア以上であれば、コア数は2以上

あとは、初期値で良いと思いますが、ディスプレイの2Dアクセラレータくらいは有効にします。

Windows10をインストール

Windows10のインストール媒体もしくはイメージをVirtualBoxの仮想マシンのCDにマウントして、仮想マシンを起動すると通常のWindows10のインストールが始まるので、標準通りインストールをします。

インストールが完了したら、仮想マシンのウインドウメニュのデバイス配下の「Insert Gues Additions CDイメージの挿入」を選ぶとインストールプログラムが起動するので指示通りインストールをすすめて最後に再起動したら完了です。

これで、マウスはバリアフリーでホストOSとゲストOS間を意識しないで行き来できますし、フルスクリーン表示も問題なくできるようになります。

さらにVirtualBoxの仮想マシンの環境設定で一般->高度にあるクリップボードとドラック&ドロップを双方向に、あと共通フォルダーの設定をしておくと起動後はホストOSからほとんどゲストOS(今回はWindows10)を意識しないでデータのやり取りもできるようになります。

トラブル対応

Windows10のインストーラが途中で止まってしまう場合は、VirtualBoxのシステム・アクセラレーションの準仮想化インターフェースをLegacyにすると良いようです。

Linuxでヤマト運輸「送り状発行システムB2クラウド」を使用

Linux(ubuntu)でクロネコヤマト(ヤマト運輸)の「送り状発行システムB2クラウド」

クロネコヤマト(ヤマト運輸)の「送り状発行システムB2クラウド」を使用する

クラウドなので、Linux上で使用するのもWindows10で使用するのも同じです。

事前にプリンターを事前に手動で設定しておく必要があります。この設定方法が異なるだけで、送り状発行システムB2クラウドの操作に違いはありません。

プリンタードライバーをインストールする。

本格的な業務用プリンターを導入されている場合は、経費面でリース導入されている場合が多いと思います。この場合は、リース会社にご相談いただくのが良いと思います。ここでは手持ちのプリンターを使用する場合を記載します。

OSはUbuntu(Xubuntu)18.05

プリンターは、EPSONの格安業務用プリンターPX-105 Amazonなどを見ていると色々悪い評価もあるようですが、基本的には価格以上に働いてくれます。不安であれば、複数台用意しておいても良いくらいのお値段で入手できます。

エプソン プリンター A4 インクジェット PX-105

新品価格
¥6,444から
(2019/2/9 16:38時点)

A5マルチ用紙(インクジェット専用)への印字も特に問題ありません。

もちろん、最初の1回だけ位置合わせだけは若干調整が必要ですが、これはどのプリンターを使用しても期待した正確な位置への印字するには必要な作業となります。(B2クラウド->各種設定の変更->プリンタ・送り状レイアウト)

このプリンターはドライバーのインストールが事前に必要になります。

セイコーエプソン株式会社のLinuxドライバーダウンロードへ

ここでPX-105のドライバーを検索、xxxx.deb(通常は64ビット版)をインストールします。

次に設置マネージャーのプリンタを開きます。直接接続であれば、ここでプリンターを接続するだけで表示されると思いますが、表示されていない場合やネットワークプリンターの場合、追加をクリック、ネットワークプリンターだとネットワークプリンターのところを選ぶと接続されているプリンターが表示されているので、接続したいプリンターを選択して指示に従います。

「プリンタードライバのインストールしています。ドライバーのインストールが必要です」と言われますが、待っていいると事前にインストールしたドライバーを認識して表示が変わりますので、あとは指示通りで完了です。

気がついた問題

Firefox65ですと2019年2月時点では印刷ダイアログが開かないようです。Chromium(確認バージョン: 71.0.3578.98)を使用するのが良さそうです。

おそらく、Google Chromeでも問題ないと思われます。(未確認)


ホームページ、ネットショップの作成管理などのお役立ちリンク