合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

月別: 2017年7月

WordPressで最新記事のリンクバナーを設置する。


WordPressで最新記事へのリンクバナーを付ける

WordPressで最新記事を表示するのにphpで簡単に実現でき、その方法を紹介したページはたくさんあります。 しかし、サイドバナーなどで、最新記事への直リンクバナーを作りたい場合は、WidgetのTxtボックスでは、通常PHPは動作しませんから、テーマに手を加えるか、プラグインを利用することになろうかと思います。 しかし、直リンクバナーにそのまま実現してくれるプラグインは見つかりません (あるのかもしれませんが、見つけられませんでした)。 そうなると、自作プラグインもありなのですが、ここではお手軽に枯れたプラグインを利用させて頂くことにしました。 「Latest Posts Template Widget」 日本人の方が作られたもののようですが、大変シンプルなので、これをお手軽改造させて頂きました。 プラグインをインストールして、プラグインの編集で、Widget.phpを開き、 タイトル部分と<ul><li>の部分を削除しちゃいます。

<?php echo $args[‘before_widget’]; ?>

<?php foreach ( $posts_latest as $post ): setup_postdata( $post ); ?>

<?php echo preg_replace_callback( ‘/\{(.+?)\}/’, array( $this, ‘_parse_template’ ), $instance[‘template’] ); ?>

<?php endforeach; wp_reset_postdata(); ?>

<?php echo $args[‘after_widget’]; ?>

こんな感じにしちゃう(抜粋)と ウィジェットに追加して、「<div class=”yyyyyyy”><a href={permalink}>The Least xxxxxxxx</a></div>」 表示数1とすれば、最新記事へのバナーの完成です。 .yyyyyy { 必要なCSS } で装飾すれば、様々なデザインにも対応できます。   追伸: まじめに改造するなら、本来の使用方法にも対応できるように、 タイトル入力がある場合とない場合で処理を分けるようにすると良いかと思います。 タイトルが空白の場合は、タイトル枠を表示しない、 もしくは、タイトルと要素を個別にcssコントロールできるようにして、 あとはcssでコントロールでも良いかもしれません。

WordPressのローカル開発環境を簡単に構築する方法


WordPressのローカル開発環境を簡単に構築

WordPressのホームページを作成したり、テーマ作成も実際のレンタルサーバー上でできなくもないですが、運用中や移設準備中だったりすると、ダーミーサーバーを構築して試したりとなります。 そんな時にやっぱりローカルで適用予定のサーバー上と同じことができれば、リスクなしにいろいろトライでき、ほぼ完全な形でサーバー上で公開できます。 ローカルでWordpressを動かすとなると様々な先人たちが比較的簡単に構築できるツールを公開して下さっていますが、ある程度専門的な知識を要求されたり、サーバーごとのリビジョン違いなどへの対応となるとなかなか難しいと思います。最近では、展開するだけでサーバーが構築できるinstantwordpressが登場してお手軽に試せますが、残念ながら、これはリビジョンが固定となり、2017年8月時点でphpは、最新の7ではありません。

そこで、おススメなのは、Windows版は最近リリースされたばかりですが、「Local by Flywheel」。これがなかなかの優れものです。このソフトをインストールして構築したいサーバー名と環境を選べば自動でローカルサーバーを構築してくれます。複数構築ができるので、サーバーごとに構築することで、いつでもネット上のサーバーと同じことを試すことが可能となります。 ホームページ作成・修正にあたり、ローカル画像・ファイルは、(書き換えてくれるようですが、念のため)相対パスで記載することだけ注意しておけば、Wordpressのプラグイン「All-in-One WP Migration」を使って、Export/Importで簡単にローカル環境とインターネット環境が相互に適用できます。  

ロリポップ レンタルサーバーが無料の独自SSLを提供開始


ロリポップが無料の独自SSLを提供開始!

待ってました!
実は、最近重くなったので、サーバーごと引越しを検討していました。どういうわけか、動作が重かったのも急に改善されたようで、高速を謳っているZ.comと性能差は感じないレベルまで回復しています。暫くは引越しは見送りとなりそうです。

いつもロリポップ!をご利用いただき、ありがとうございます。
ロリポップ!では本日より、無料独自SSLの提供を開始いたしました!
それを記念して、10日間限定の【全プラン初期費用無料キャンペーン】を開催中です。
詳細はこちらをご確認ください。
訪問者も安心できるホームページをお得につくるチャンスです♪

「Let’s Encrypt」なので、個別認証のSSL認証ではありませんが、手軽にSSL化できるのは大変ありがたい。

問合せページや、現時点でのSSL差別化の動きには十分なSSL化が無料でできるのは大変うれしい。他社も無料・格安提供を始めているのでいずれはとは思ってましたが….

早速、主なページや、お客様のページもSSL設定をしました。

ん~、完全に対応させるには、最低限以下の設定が必要なので、まだ完全に安全表示は一部だけ.....

SSL化にあたりやること

  • WordPressの設定(WordPress アドレス (URL)、サイトアドレス (URL))の変更。変更すると一度Logoutさせられるが、慌てない。ただ、ミス修正は直接変更が必要になるかもしれないので、DBの修正箇所くらいは事前に確認しておくと安心です。
  • 301の対応、SEO対策ですね。

RewriteEngine On RewriteBase /
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^himeport.co.jp
RewriteRule ^(.*)$ https\:\/\/www\.himeport\.co\.jp\/$1 [R=301,L]
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{SERVER_NAME}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

こんな感じ、下の2行が今回追加。これで、httpでアクセスが、httpsに

  • 画像やリンクで、httpsでないものは、httpsへ変更。

(ほとんどの画像はあらかじめ相対アドレスにしていたつもりですが、漏れがいっぱい。外部リンクはダメなのがいっぱいなのでどうするか検討中。)

まぁ、こんなところで、最低限、問合せページと出来れば導入ページはグリーン▲(保護された通信・安全な接続)にして体裁を整えましょう。

ECショップ・モールも、BASE、Yahoo、楽天、ポンパレとSSL化しています(Amazonは以前から)。この流れ乗り遅れると気が付けば訪問者が1/10なんてことになるかも

同じドメインでメールを使わないWordpressだけなら、SSL化100円のこちらもおススメです。Wordpressで必要なことはすべて料金内で設定済み、あとは中身を作るだけ。メールも使うなら、Z.comのレンタルサーバーも契約してこちらでメールを使用することになります。このレンタルサーバーは企業向けクラウドサーバーの延長線の感じで、こちらでWordpressなど様々なAppを動作させることもできますが、すべて自身で設定が必要となりますので、やや専門的な知識が要求されます(ロリポップの自動で7世代バックアップが当たり前となった私的にはバックアップが一番問題で、当面はロリポップへ定期バックアップで運用予定。将来的には事務所のファイルサーバーに….)