合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

安物だけど重宝するアナログ テスターを壊してしまったが、修理して復活!

掲載日: / 更新日:
安物だけど重宝するアナログ テスターを壊してしまったが、修理して復活!

ちょっと前にアナログテスターを壊してしまい廃棄粗大ごみに入れてたのだけど、やっぱりないと不便なので直して使えるようにしました。

中を見てみると入力部の抵抗が焼けていました。抵抗と電流測定レンジでのみ使用している抵抗のようです。

安物アナログテスターの84.5オーム抵抗を焼いてしまった

何でこんなことになったかというとAC100Vの通電確認をしようとしたのですが、暗がりでレンジ設定を誤って対角線反対側の電流測定のレンジでAC100Vに接続してしまい壊してしまいました。(プロとしてお恥ずかしい話です。)

安物のアナログテスターですが、無いと困るので修理しました。

見ての通りハンダごてで溶かしたりしていますが、結構重宝して使っていました。(写真はCOMとケーブルが逆になっている -_-;)

精度の必要な測定は、デジタルテスターを持っていますし、普段は大体で全く問題なく、目盛りを読まなくても感覚でわかり、余分なノイズをカット必要な揺れは何となく見て取れる。アナログテスターは、普段使いに最強の相棒なんです。

絶対精度は期待してないので、とりあえず大体で使えるように、デジタルテスターで確認しながら手持ちの抵抗を組み合わせて必要な値の抵抗を作成して取り付けました。

簡単な確認をした結果、期待通りの測定結果となり、めでたく復活!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA