合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

カテゴリー: Linux

Linuxのススメ パソコン設備の買換え前にLinuxを検討しましょう!

Windows XP/Vista/7/8/8.1世代のパソコン設備リプレース前にLinux

パソコン設備の買換え前にLinuxを検討しましょう!

WindowsとLinuxの比較

(最近のWindows10の挙動に個人的に不信を抱き、Linuxを再び触る機会が増えたそんな状況での個人的な主観も含みます。)

デスクトップ上でWindows10とXubuntuを見た時、以前は明らかにMicrosoft Windowsに軍配が上がる感じでしたが、Windows10でのフォントの汚さ(度重なる修正と慣れで問題は少なくなった)などつまずいている間に、Linuxを支える有志やそれをサポートする企業の努力により、随分とユーザーフレンドリーになり、見栄えももちろんですが、操作性においても、一般のユーザーが使っても違和感のないレベルになりました。

インストールについてもWindows10の簡単インストールに全然負けてない簡単インストールとなり、標準的なハードウェアだと自動的に最適なドライバーがインストールされ、昔のように必要なドライバーを探して個別にビルド、インストールが必要ということがないと思います。ただ、特殊なハードウエア(個別メーカーのソフトがないと動かないようなハードウェア)例えば、テレビチューナなどは、情報が開示されてなくドライバーがない場合もありますが、それも随分と限られてきたように感じます。そもそも中核に使用されるチップの共通化が進んで、チップ単体に対応するドライバーがあれば、メジャーになるハードウェアなら世界中の誰かがポーティングして動くドライバーを公開しています。

Microsoft windowsは、1社独占のOSで、今後の動向はMicrosoft次第ですし、最近の定期的なUpdateには閉口することしばしば、折角設定した環境を平気で壊してくれますし、ネットワーク依存性がドンドン強くなっていて、必要とあらば個人情報を引き抜くことも容易な環境となっています。マイクロソフトアカウントによる同期化なども便利な一方で大きな危険をはらんでいるように感じて仕方がありません。それに対してLinuxは、基本はオープンソースですし、様々なパッケージ(ディストリビューション)があり、それぞれに特徴はありますが、多くの人がソースを解析改造を繰り返して相互監視の上で進化しており、1社1個人の思惑でどうかなるOSではありませんので、その点でStatableなリビジョンを使用する限り安心して使用できると思いますし、自分の好みの環境の維持もさほど難しくは無いように思います。

LinuxがWindows10に劣るとすると専用ソフトの存在ですが、これもクラウド化が進むにつれてWebアプリへと変わりつつありますので、その垣根も低くなってきたように思います。

最近の高速なハードウェアを要求する3Dゲームなどはまだ、Windows10に分があるように思いますが、3D CADなどはかなり以前からLINUXのアプリケーションが存在しますし、グラフィックカードメーカーも世の流れに合わせてLinuxのドライバーを提供していますので、必要に応じて別途にドライバーをインストールしなければならない手間がありますが、それはWindows10についても本当にTuningしたい場合はメーカから最新のドライバーを入手してインストールしなければならないので、さほど差はないように感じます。

LinuxもGUI強化などにより、ハードウェアに要求する要件が高くなってきてはいますが、Windows XP世代のハードウェアなら一般的なパソコンの使用範囲であれば実用範囲の動作ができる場合が多々ありますし、何より最新のバージョンをハードウェアの新旧を問わずインストールできますのでセキュリティー的にも安心できます。また、中小企業などは、パソコンの入替の頻度も大幅に削減でき、経費削減にもなると思います。

オフィスソフトの代表的なMicrosoft OfficeもLibreOffice / OpenOfficeに置き換えることが出来ます。但し、既存マクロなどは作り直しが必要だったり、完全互換ではありませんが、社内は、LibreOfficeで統一、一部やむなしの限られたパソコンのみMicrosoft Officeを導入して、対外的資料は基本pdfもしくはcsvとすることで運用可能となります。どれほど経費の削減になるか.....

もともとパソコンの得意でない方には、OSが、LinuxかWindows10かなんて関係ありませんから、会社の中で1、2人ある程度Linuxを触れる方(いない場合は、私共の様なところに外注委託)がいれば、既存の設備のままで経費削減もできる可能性があります。ご検討されてはどうでしょうか….

Ubuntu / Xubuntu をインストールしよう

ただインストールするだけ(Windows10とデュアルOS化したいなどでない、新規インストールの場合)なら、インストールするLinuxのイメージをインターネットからダウンロードして、DVDに焼くか、USBブートに対応したパソコンにインストールする場合ならUSBメモリに書き込み、その媒体からブート、いくつかの簡単な質問に答えるだけで、パソコンに合わせたLinuxがインストールされます。

WindowsXP、VISTA世代のパソコンにインストールするなら、Xubuntuがおススメです。最初から見た目もMicrosoft Windowsに近い印象なのでユーザーの違和感も少なく、動作も比較的軽いので、多くの場合、快適に使用できます。(インターネット上で動画を見たり、3Dゲームなどには向きませんが、)

パワーに余裕があるパソコン(省エネCPUを除き、コアが2個以上、メモリが4GB以上)なら、Ubuntuがおススメ。

日本語で使用するなら「日本語 Remix」が良いでしょう。オリジナルなUbuntuに日本語文化独自の修正が加えられているので、より快適に使用できます。

インストールするLinuxのバージョンは、業務や長い間環境を維持したい場合は、最新のLTS版を使用しましょう。サポート期間が長く、標準状態では安定した機能のみ組み込まれますので安心して使用できます。

Linuxのセキュリティについて

一般的にLinuxでは、Microsoft Windowsの様なセキュリティ対策(ウィルス対策)ソフトはあまり必要と考えられていません。

ウィルスのターゲットとされることが少ないこともありますが、セキュリティ対策に最も効果的な対策は、常に問題を修正された最新の状態で使用することなので、世界中の有志やサポートする企業のもと、問題が見つかればすぐさま修正が入り、常に最善の状態に保たれるLinuxを取り巻く環境とLinuxというOSそのものがセキュリティに配慮されて設計されていることによります。

ただ、インターネット上には危険なサイトも沢山あります。これらに対しては、人間セキュリティ次第の場合も多々ありますので注意が必要となります。ブラウザにも世界中から寄せられるブラックリストが登録され、事前に警告する機能も備わっていますので、人間セキュリティ機能を少なからずサポートしてくれます。それでも注意は必要となります。これはウィルス対策ソフトを導入しているWindows10でも程度の差異はありますが、同様に注意が必要となります。

情報を開示するかと聞かれて、オペレーターが開示すると答えたらそれまでですから.....

パワーに余裕があるパソコンの場合は、オープンソースで開発されているウィルス対策ソフトClam Antivirusをインストールしておくとより安心かもしれません。Clam Antivirusのフロントエンドの「ClamTk」をインストールすることで簡単に使用できます。

私の環境で、Linuxで運用できないもの

通常業務で使用しているアプリケーションは、一部を除き、Linux上にほぼ同等の機能を有するアプリケーションがあります。

唯一、税務処理のみWindows上の専用ソフトとなります。会計ソフトなどは、linuxでも「GnuCash」など存在し、実用レベルにあるようですが、外部に事務処理をお願いしたり、税務申告するにはちょっと厳しいと思われます。会計処理ができる方がいらっしゃる会社であれば、移行できるのではないでしょうか。但し、海外生まれの会計ソフトなので日本文化に合わない部分もあるかもしれませんので、試行錯誤しながらとなるとは思われます。

最近はクラウドタイプの会計ソフトに対応している会計士さんもいらっしゃるようなので、クラウドに走る手もあります。現状の会計ソフトを使いたい場合は、wine上で動作するか確認してみて安定動作するようなら、Linux上で現行のWindows版会計ソフトを利用する方法もあると思います。

TAXも、現状はアプリ版を使用しているので、未確認ですが、おそらくWeb版を使用すればLinuxでも問題ないでしょう。 公的個人認証とWeb版と言いつつローカルにアプリのインストールが必要で、Windows/Macのみ対応となっており、対応は難しそう。

弊社は、「JDL IBEX出納帳」を使用しているので、これの機能限定版(登録会社が1社のみ)で無償配布されている「JDL IBEX出納帳Major」をwine上で動作確認したいと思ったのですが….googleのreのV3への移行対応の影響でしょうか登録メールが発行されないので、ダウンロードできず....

確認はまたの機会に

 

涙....

仕事で主要に使っている伊予銀行のネットバンキングが未だにLinuxはだめ、Internet Explorer(つい最近Edge対応)のみと時代遅れのまま。大手は対応しているところも増えているようなのに残念…メインBank変えようかしら。。。。「User-Agent Switcher」を使えばLinuxでも使えるのですが本末転倒?今どきでないOS/IE制限は外すべきと思います。

掲載日:
カテゴリー: Linux

ハードディスク ・ SSDの突然の故障に備える


ハードディスク(HDD)やシリコンディスク/ソリッドステートドライブ(SSD)の健康チェック

あなたのHDD/SSDは健全ですか?

近年のハードディスク、とくにSSDの信頼性向上は目覚しいと思いますが、それでも動作環境により極端に寿命が短くなったり、製品寿命や故障で、ある日突然データが読めなくなる、パソコンが起動しないなんてことがあるかもしれません。

あなたのHDD/SSDは大丈夫ですか?

最近のHDD/SSDは、S.M.A.R.T.なる状態をログする機能を持っています。このログを確認することで、利用温度や経年劣化による故障の兆候や寿命を予見することが可能になります。

S.M.A.R.T.(Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology)を利用する

最近のPCのBIOSやOSには標準でS.M.A.R.T.データを参照する機能がある場合がありますが、BIOSに至っては再起動時にしかわかりませんので、殆ど再起動しないパソコンなどは、再起動したときには時遅しなんてことがあるかもしれません。

運用中に定期的にS.M.A.R.T.を監視して、状態がかわると警告してくれる常駐アプリケーションを利用をお勧めします。

CrystalDiskInfo

Crystal Dew Worldで開発、公開されているソフトでBSDライセンスですので、無料で利用できます。いかに紹介する有料ソフトに対して監視のみですが、雫ちゃんバージョンや音声による警告など、無料とは思えない優れものです。

インストールするだけでは、常駐してくれません。ソフトを起動して機能->常駐とスタートアップにチェックすることで、常駐監視となります。

設定した警告温度、代替セクタを増えた場合など警告をしてくれます。

弊社経由でパソコンを購入されたお客さまには、標準でインストールをお勧めしています。

HDD Sentinel PRO

有償ソフトになりますが、HDD/SSDを監視して大事なデータの保全に役立つソフトですし、会社様によってはフリーソフトのご利用は制限されていたりしますので、こちらをご利用も良いかもしれません。監視だけでなく、積極的な診断テストや残り寿命の予測表示などの機能もあります。また、HDD/SSDだけでなくSDカードやUSBメモリなどの診断もできます。

有償らしく、機能が充実していてよりビジュアル的に表示してくれます。

HDD Sentinel PRO ver.5|ダウンロード版

新品価格
¥3,980から
(2018/1/11 09:48時点)

その他にもPC/HDD/SSDに添付されている場合もあるようです。

 

ここで紹介したのは、Windows版ですが、LinuxでもS.M.A.R.T.はサポートされています。

S.M.A.R.T.のサポートはWindowsよりLinuxの方が早かったのですが、残念ながら、ユーザーフレンドリーなアプリケーションはないように思います。サーバーなどでは、以下に紹介するCUIツールで十分なので、GUIツールの必要性が低いからかもしれません。

従来は、smartmontools パッケージをインストールして、コンソールからsmartctl コマンドでS.M.A.R.T.情報を見ていましたが、バリバリのlinux使いを除いてユーザーフレンドリーではありません。常駐監視や警告表示なども可能ですが、GUIではないので万人向けではありません。

GSmartControl(smartctl のフロントエンド)を利用することでGUIでの利用ができるようになりますが、それでも万人向けではありません。

ubuntuでは、標準でディスク管理ソフト(ディスク:⁠gnome-disks)でS.M.A.R.T.情報の確認ができるようですが、詳細は未確認 m(__)m

 

今どきのLinuxの詳細なご紹介はまた今度…..機会があれば

最後に

S.M.A.R.T.も万能ではありません。突然の故障には対応できませんので、日頃からのバックアップは怠らないようにしましょう

久々にRaspberry-piを起動


私事になってしまいますが、事務所兼自宅の電気代が高いので、一番の電気食いと思われるPCの通電時間や消費電力を減らせないかと検討しています。

# 長男が電源入れっぱなしのネットゲームPCを外出中はPower Downしてくれるとそれだけで大きいのですが…..

まずは、私が使用しているPCで節電できるものはないかと検討しています。

多分、私が使用しているPCで一番の電気食いは録画兼観賞用のPC(業務用は未使用時は電源を落としているので除外)で、最近はめっきり録画したものを見なくなったので、キーワード予約を停止して、必要なものだけピンポイントで録画するように変更。そうすると観賞用としてももっと節電タイプで問題ないので、FireTV Stickを観賞用のメインにと考えています。

しかし、やっぱりいじれて観賞にも使える低消費電力のものをお金をかけないで…..いろいろ物色しているうちに以前にお試しで入手して放置していたRaspberry-piを思い出して、久々に電源を入れてみました。

意外に使える感じなので、最新OS/FWにUpgrade

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade
sudo reboot

 それこそ、3,4年前の状態だったと思いますが、upgrade出来ちゃいました。

その後、

sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname
sudo apt-get install uim uim-anthy
sudo apt-get install jfbterm

日本語化を試みたのですが、どうもtmpがあふれたようでうまくできませんでした。

最新のOS環境にはパーティションの設定が不適合だったのかもしれませんので、改めて初めからOS SDを作り直してやってみようと思います。

今度は、

・一度、英語環境で環境構築

・不要な大きなパッケージをpurge

sudo apt-get purge wolfram-engine

・念のためUpgragde(今回は新規にネットワークインストールするので必須ではないと思うが、念のため)

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get dist-upgrade
sudo reboot

・日本語フォントをインストール

sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname
sudo apt-get install uim uim-anthy
sudo apt-get install jfbterm
sudo reboot

・改めて日本語に環境設定

sudo raspi-config

CLIでの設定なら以上で旨く行くはずでしたが、最新(2017/11)のNOOBS liteでネットワークインストールする場合にインストール画面の下側に表示される言語設定で日本を選んでおくとほぼ自動的に(Timeゾーン、日本語入力メソッドなど一部設定が別途必要そうですが)日本語表示環境が設定され、最初からGUIで起動しました。ふつうに使う分にはこのGUIで困らなくなっていました。(暫く、放置している間にかなり進化していました。)ただ、さすがに1 coreのRaspberryPi 1では、GUI環境はマルチタスクが必須となるので実用には厳しい感じです。4 coreのRaspberryPi 3なら…..

覚書、万が一クラッシュしたら、以下でpkgを初期化

 sudo dpkg –configure -a’

 

PS.

古い環境は、OpenELECの環境も作っていたのですが、現在は、LibreELECに移行しているようなので、この環境のSDカードを作成して動かしてみました。

LibreELECはメディアサーバーで、RaspberryPi(1core/700MHz/512MB)でもギリギリ実用レベルで動いてくれます。ただ、ファイル総数が数百レベルの我が家のサーバーを開こうとするとファイル一覧の取得に時間がかかってしまいます。これと再生中の画面の切り替えのラグがなければ十分実用になる感じがします。RaspberryPi3(4core/1.2GHz/1GB)で、もっと早いSDカードを使用したらどれだけ快適になるのだろうか、ぜひ試してみたいところです。

さすがにデフォルトでは、CPUパワーが心もとなさを感じたので、Turbo(1Ghz)にOverclockしました。

やり方は簡単!SDカードにある「config.txt」というテキストファイルに以下を追記

arm_freq=1000
core_freq=500
sdram_freq=600
over_voltage=6

ヒートシンクもファンもない状態なら、Overclockはやらない方が無難と思います。やってもover_voltageしない

arm_freq=800
core_freq=300
sdram_freq=400
over_voltage=0

このくらい留めるのが良いかと思います。

(Pi2/Pi3で発熱を抑える低速で動かしたい場合に同じ手法が使えます)

OverClockの結果、ネットワークサーバー上にあるDVDのisoイメージのビデオも気になる引っかかりもなく鑑賞できるレベル(CPU負荷は100%ですが;;)で再生してくれましたが、さすがにヒートシンクを取り付けてあるCPUの温度が56℃くらい(室温23℃)になってしまいましたので、プラスチックケースを改造して冷却ファン(12Vファンを5Vで回しているので風量も少ないですが、まったく無音のレベル)を取り付けました。これでCPUの温度はmaxで46℃、夏場でも計算上70℃を超えないので、ギリギリ常用も可能な状態になりました。

<のちほど写真を掲載予定>

RaspberryPi1でもこれだけ使える感触なら、ちょっと前のマルチコアで低消費電力のAMD E-350やIntel Celeron J1800などを使用した安く(RaspberryPi3の購入と変わらない値段で)手に入るマザーボード/PCで十分でないかと思えてきます。実際、E-350のノートPCで、起動に若干時間がかかるもののWindows10が実用レベルで動作するのを確認しています。

実際の環境をどうするかは、暫く悩むことになりそう

 

最後に

RaspberryPiへの今後是非サポートしてほしい事

  • USB3ポート
  • Giga-LAN
  • microSDのUHS-II対応

これで、単独でデスクトップ、ファイルサーバーとして使用できる最強のボードマイコン?となるでしょう


ホームページ、ネットショップの作成管理などのお役立ちリンク