合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

格安 10MHz VCXO を作成


以前格安で入手できたこちら

CXO-050C 9.9532MHz KSS JAPAN

を改造して、10MHz VCXOを作成しました。

まずは開腹して、水晶を取り替えます。

CXO-050C 9.9532MHz KSS JAPAN の 水晶を取り外す

10MHzの水晶発振子を取り付けて、左下のコンデンサの代わりに逆極性にダイオード(本来は可変容量ダイオードを使用ですが、手持ちダイオードで5pF前後のものを選別使用)を接続して、バリコンに近い側に100kΩ抵抗経由で左下NC PIN端子に接続して、外部から電圧をかけられるようにします。

CXO-050C 9.9532MHz KSS JAPAN 改10MHz VCXOCXO-050C 9.9532MHz KSS JAPAN 改10MHz VCXO

後は元の通りに金属カバーをハンダ付けして、完成。(抵抗の足がショートしないように絶縁テープを貼るとか注意が必要)

これをオーブンに入れたらVOCXOとなるはず。

VOCXOの実験機

CXO-050C 9.9532MHz KSS JAPAN 改10MHz VCXO VOCXO化実験機

いくつか問題もあり、改良も必要ですが、手持ちの測定器やOCXOとの比較の範囲では、どちらの揺れかわからないくらいの安定性で実用性はありそうです。

実験機は電源引き回しが適当で、温度制御がハードPWM制御で約53℃に安定までに時間が必要なので、ヒータ回路の電源分離、温度制御のマイコン化など改良をして実用実験機に進化させる予定。

実用化した際には、常時通電になるので、無駄な電力消費も抑える改良も必要かも…..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA