合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

愛用のアナログチューナーをワイドFM対応に改造

掲載日:
愛用のアナログチューナーをワイドFM対応に改造

昔のアナログチューナーをプチ改造、ワイドFM対応に

地元のAM放送をワイドFMで聞きたい

パソコンやスマホでAM放送を聞くこともできるのですが、アナログチューナーで聞くほうが柔らかく心地よくリスニングできるように感じます。

そこで愛用のチューナーでワイドFMが聞けるようにプチ改造することにしました。

改造内容

チューナーの方式によって多少違うようですが、基本的にはフロントエンド(アナログチューナーの場合、バリコン周り)で中間周波数にダウンクロックしているので、フロントエンドで少し受信周波数をずらしてやるだけです。

ただ、これによって、受信可能な周波数がずれてしまいますので、76MHzあたりに受信したいFM局がある場合は、この方法だけでは都合が悪いですが、私の場合、幸い受信したいFM曲で一番低い周波数が79.7MHzですので、単純に受信周波数を高い方へ2MHzほど高い方にずらしました。

アナログチューナーのバリコンを調整してワイドFMを受信

Lo-D FT-3500の場合、受信したい位置にチューニング(表示位置合わせだけ)しておいて、ブルーのコイルを慎重に回します。

シビアなので、大体合わせて、チューニング位置を合わせるくらいが合わせやすいかと思います。

ちなみに工具は高周波対応したものを使いましょう。たとえば

ホーザン コアドライバーセット D-16

新品価格
¥502から
(2019/10/4 13:52時点)

感度が低くなるかもしれません。その場合は、前段も少々さわります。右端の裸の黒いコイルを微妙に広げる感じです。

ワイドFM 南海放送91.7MHzが受信できた

無事、受信できました。

ワイドFM 南海放送91.7MHz受信できましたしっかり、ステレオになっています。ん、音もBGMとしては十分

もちろん、

FM愛媛 79.7MHz受信FM愛媛 79.7MHzも受信できます。

スケールと受信周波数がずれているのは、ご愛嬌で、許容範囲でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お気軽にお問合せ下さい
(パソコンのこと、格安システム構築、ホームページ作成、運用サポートなど)