合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

WordPressのローカル開発環境を簡単に構築する方法

掲載日: / 更新日:
WordPressのローカル開発環境を簡単に構築する方法

WordPressのローカル開発環境を簡単に構築

WordPressのホームページを作成したり、テーマ作成も実際のレンタルサーバー上でできなくもないですが、運用中や移設準備中だったりすると、ダーミーサーバーを構築して試したりとなります。 そんな時にやっぱりローカルで適用予定のサーバー上と同じことができれば、リスクなしにいろいろトライでき、ほぼ完全な形でサーバー上で公開できます。 ローカルでWordpressを動かすとなると様々な先人たちが比較的簡単に構築できるツールを公開して下さっていますが、ある程度専門的な知識を要求されたり、サーバーごとのリビジョン違いなどへの対応となるとなかなか難しいと思います。最近では、展開するだけでサーバーが構築できるinstantwordpressが登場してお手軽に試せますが、残念ながら、これはリビジョンが固定となり、2017年8月時点でphpは、最新の7ではありません。

そこで、おススメなのは、Windows版は最近リリースされたばかりですが、「Local by Flywheel」。これがなかなかの優れものです。このソフトをインストールして構築したいサーバー名と環境を選べば自動でローカルサーバーを構築してくれます。複数構築ができるので、サーバーごとに構築することで、いつでもネット上のサーバーと同じことを試すことが可能となります。 ホームページ作成・修正にあたり、ローカル画像・ファイルは、(書き換えてくれるようですが、念のため)相対パスで記載することだけ注意しておけば、Wordpressのプラグイン「All-in-One WP Migration」を使って、Export/Importで簡単にローカル環境とインターネット環境が相互に適用できます。  

WordPressのローカル開発環境を簡単に構築する方法に1件のコメントがあります

  1. Local by Flywheelは、Flywheelというホスティングサービスのローカル開発用にリリースされているようですが、PHPとデータベース環境が何の知識もなく簡単に構築でき、Wordpressの代わりに他のCMS、例えば、baserCMSと差し替えるとアッという間にローカル開発環境が出来上がってしまいます。当分は手放せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA