合同会社ひめぽーと は、愛媛の店舗、生産者様のホームページ作成・制作・管理、ネットショップ作成・制作・管理、パソコン関連サポートなど、バックアップ致します。

WordPressのカスタムHTMLやカスタムCSSが保存できない場合の対処




掲載日:
WordPressのカスタムHTMLやカスタムCSSが保存できない場合の対処

WordPressの新しいカスタムHTMLウィジェットが保存できない

テキスト ウィジェットと違い自動で<p>タグで括らず、htmlを記述できる新しい機能ですが、セーブが完了しない事があります。

この他にも、カスタムcssや投稿記事内でjavascriptを記述した場合とかも同様にセーブできない。セーブできたように見えても、保存出来てなかったなどが発生することがあります。

SiteGuardが動作している環境では、次の対処で解決します。

SiteGuardが稼働中の環境での対処方法

SiteGuardはセキュリティ強化を手軽に強力にしてくれる便利で頼れるWordpressのプラグインですが、セキュリティ対策故に誤動作して悪さをしてしまう事があります。間違いはないはずなのに保存・実行の段階で期待通りに動かない場合は、次のように対処しましょう。

  1. レンタルサーバーの管理画面で、WAF機能のログを見てみましょう。
  2. 不具合が発生した時間にログが登録されていたら、その「URL」と「検出されたシグネチャ」をメモしましょう。
  3. WordPressの管理画面のSiteGuardのWAFチューニングサポートのメニューを開きます。
  4. 「新しいルールの追加」をクリックして、シグネチャとファイル名、コメントの入力画面にします。
  5. メモした「検出されたシグネチャ」をシグネチャへ、「URL」をファイル名に記入して保存します。

これで問題は解決するはずです。うまくいかない場合は、再度見直し(半角スペースやtabが挿入されていないか?など)修正は、一度削除して新規に入力し直すと良いと思います。修正だとうまく反映されない場合があるようです。WAFチューニングの設定方法の詳細はこちら

WAFチューニングをしても解決しない場合

SiteGuard以外にも要因になるプラグインはあると思います(定義が重なっている場合など)が、まずは、自分の作業内容を疑って、もう一度、丁寧に見直しましょう。もし新たに変数・関数定義をした場合などはユニークとなっているか?(簡単な確認方法は私は知りませんので、グローバルな定義は頭に特定のキーワードを付けるようにしています。)

そのうえで、やっぱり、不具合時にWAF機能にログが登録されているようなら、追加したWAFチューニングの設定を削除して、入力し直して見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA